« 2017年4月 | トップページ

2017年6月

2017年6月 6日 (火)

次回裁判は1次・2次原告が併合して開かれます

次回裁判は6月14日、10時から広島地裁で開かれます。この裁判は1次原告(165人)と2次原告(144人)が併合して開かれます。この裁判では前回、陳述が拒否されたお二人の陳述が行われます。陳述するのは、被爆2世で被団協の理事長を務める佐久間邦彦さんと、満州から引き揚げられた岩国在住の南部博彦さんです。また、原告弁護団から準備書面が提出されるので主旨について弁護団陳述も予定されています。多数の傍聴をお願いします。傍聴希望の方は9時30分までに裁判所の西側・RCC側の入り口付近にお集まりください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2次原告の第1回裁判が開かれました

安保違憲訴訟の第2次の提訴は今年3月、144人の原告で提訴しましたが、その第1回裁判が5月31日、広島地方裁判所で10時から行われました。この裁判では原告の2人が陳述しました。最初に安芸郡坂町で5歳のときに体験した被爆者について呉にお住いの堀越和子さんが陳述しました。水を求める被爆者が海の中に潜ったり、水の音を聞いて便所にたどり着いたりした光景を語り、叔父や叔母たちの被害状況、遺骨さえ見つからなかった看護婦だった従姉のことなどを戦争の問題として訴え、「もう2度と戦争をしないと誓った日本国憲法」にもかかわらず解釈をゆがめ再び戦争する国に作りかえようとすることは到底許すことができない、と訴えました。つづいて市内にお住いの宇佐美隆司さん。昭和18年生まれで戦争体験は語れないがとにかく貧しかったと述懐しました。宇佐美という苗字は山口県にあり、義母が安倍晋三首相の父、晋太郎氏の後援会を務めていた関係で、本来は晋三氏を応援するべきでしょうが、現在の状況からは応援することはできない、と語りました。現政権は憲法改正手続きを採らず、法によって憲法を実質的に変えた。将来、子供や孫が戦争に巻き込まれることがあれば悔やんでも悔やみきれません。世界に誇れる日本国憲法を守らなければなりません、と訴えました。裁判後、弁護士会館で報告集会を開きました。34人が参加しました。                                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ