« 2016年7月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

第2次原告を募集中です

全国で相次いで安保法制違憲訴訟が提起されています。昨年12月に山口で、今年1月にや大分でそれぞれ地裁に市民らが提訴しました。全国で14番目です。

  1. 広島では昨年第1次で165人が提訴しましたが、引き続き第2次原告を募集しています。多くの市民が訴えることで裁判所に憲法判断を出させるためにも必要です。どなたでも原告になることができます。「2ji_mousikomi.docx」をダウンロード

    「jibosyuuyoukou.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回裁判開く

安保違憲訴訟の第1回口頭弁論が2016年12月21日15時から広島地裁302法廷(傍聴定数60人)が開かれました。法廷には定員を上回る75人が参加、廊下にあふれる傍聴参加でした。

裁判は1時間たっぷり行われました。最初に松岡弁護団事務局長から安保法制は憲法違反であり、集団的自衛権行使容認は、海外に派遣される自衛官だけでなく、国民の生存権が脅かされると訴状の要旨をのべました。つづいて原告団から3人が陳述に立ちました。杉林晴行原告団長は、呉での空襲体験から明らかに憲法違反の安保法制を放置してはならない、と訴えました。つづいて4歳で被爆した2世の上川ひとみさんが母として子どもを守らなければならない、政府は力や恐怖で支配して憎しみを生むようなことをすべきでない、と訴えました。3人目は松本英孝さん。自ら大学で憲法の平和主義を教えてきた経験を語り、本訴訟の勝利を確信してたたかう、と訴えました。3人の陳述後、弁護団長の山田延廣弁護士が、過去の戦争を振り返り、アジア太平洋戦争で2000万人、広島・長崎を含めてこくみん2010万人の犠牲の上にもう2度と戦争しないことを誓った。これが憲法9条に結実した。アベ政権の突然の憲法解釈で、もはや法治国家とは言えない。裁判所が、この問題を正面から向き合い、憲法判断をすべきだ、と裁判官に対してうったえました。

 政府は12月、「駆けつけ警護」など新任務をつけて自衛隊を南スーダンに派遣しました。次回の裁判で追加提訴することを報告集会で確認しました。また、原告の第2次募集分も次回裁判で提訴します。そのために第2次原告の募集を2月末まで延期して募集します。

次回第2回裁判は、3月8日午後4時から行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回訴状学習会&裁判闘争について

2016年11月19日、第1回の学習会を開きました。学習会は、裁判闘争をどうたたかうか、原告やサポーターの皆さんによびかけ行いました。参加は50人でした。

最初に原簿団事務局長の松岡幸輝弁護士がパワーポイントで①安保法制とは、②新ガイドライン、③安保法制の内容、集団自衛権の行使とは、④憲法学者の反応、⑤なぜ!違憲なのか、⑥安保法制違憲訴訟とは、⑦訴訟の広がりと広島裁判で求めるもの、⑧行政訴訟とは、⑨訴えの利益は、広島裁判での主張、⑩今後の展開、詳しい講演を聞きました。

討論のための問題提起では、①裁判所の3つの機能について、②民主主義国家に於ける主権実現の手段として、③意図的に制限されてきて裁判機能、などについて話し合いました。特に参考にしたのは、元大阪判事で弁護士活動している生田暉雄著「最高裁に『安保法』違憲判決を出させる方法」や広大教授の横藤田誠著「裁判所は『権利の砦』たりうるか:です。

生田氏は憲法12条と13条をよりどころに裁判をたたかう。横藤田氏は、とにかく日本が諸外国と比べ如何に裁判が少ないか、大いに裁判を活用するべきだ、と勇気を与えています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原告165人のカテゴリー

広島第1次原告は165人にのぼりましたが、どういう方が原告に参加されたでしょうか。カテゴリーについては、原告全員が表明されていない方もありましたが次の通り分類されます。

被爆者を含む戦争体験者 20人

教師OB            15人

宗教者             2人

自衛隊関係OB        1人 事務関係だそうです。

公共機関OB         10人 鉄道関係など

マスコミOB           9人

基地のある地域関係者   14人

若い母親             1人

以上です。

なお、お住まいの地域はほぼ県内各地ですが、基地関係者は岩国の方の参加があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安保法制違憲の訴訟を提訴しました

安保法制違憲訴訟の会は9月16日、広島地方裁判所に提訴しました。この日10時、弁護士会館に約80人が参加、地裁まで練り歩いて裁判所に訴訟を提出しました。この第1次の提訴の原告は165人になりました。再び弁護士会館に戻り、報告集会が開かれ参加者は110人にのぼりました。報道関係も注目されテレビ5局、新聞4社が取材しました。47人の弁護団から7人を代表して山田延廣弁護士が「この裁判は、司法のあり方を問う裁判だ。裁判官の良心に働きかけたい。そのために立憲主義に反する安保法制の違憲性、立憲主義に反する展を市民にも訴える取り組みを裁判闘争と共に進める」と表明しました。原告行動代表の杉林晴行さんは「5歳の時、呉空襲でひどい目に遭った。戦争が終わってもひどい暮らしだったことを思い起こし、戦争を絶対にやらせてはいけない」と訴えました。
広島の会は12月19日を目処に第2次原告を200人を目標に募集を行うことを発表しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16年8月21日 広島の会が結成されました

安保法制違憲訴訟 広島の会は16年8月16日、広島弁護士会館で結成総会を開き、発足しました。
結成総会には、l原告約150人中50人が参加しました。総会では、松岡弁護団事務局長から裁判の意義について「安保法制を憲法9条違反だと裁判所に宣言させるたたかいだ」と訴えました。つづいて会の規約(添付参照)し、活動方針、世話人を確認、アピール(添付)を採択しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2017年2月 »